「先生」という仕事|about teacher

「先生」という仕事|about teacher

なぜこの園を選んだのか?仕事のやりがいは?辛い事は?4人の先生に語り合ってもらいました。

  • みんなはどうして白水学園を選んだの?
  • 実際に働いてみて、職場の雰囲気はどうだった?
  • 白水学園を選んでよかったと思う瞬間は?
  • 入る前に不安だったことは?
  • いちばん辛かったのは?
  • 白水学園に入って、女性として素敵になったなと思える部分は?
  • 白水学園での働き方について

みんなはどうして白水学園を選んだの?

伊藤
地元の佐賀ではここだ!という園に出会えず、福岡の合同説明会へ参加しました。そこでとてもキラキラした先生方の姿に釘づけになったんです。白水学園の先生たちの保育に対する熱心な姿や、内側から溢れる笑顔に魅かれました!動きやすくて格好いい制服にも憧れましたね。
生野
いくつかの園へ実習に行ったのですが、白水学園が最後の実習先でした。驚きましたね。子どもたちが本当に元気いっぱいで。また、配属されたクラスの担任の先生が、私の就職活動について本当に親身になって話を聞いてくれたんです。保育という仕事や、人に向き合う姿勢に感動しました。「こんな園で働きたい!」と直感で決めたんです。
今永
「福岡で働きたい」という想いから、白水学園の説明会に参加しました。実習にも行かせていただいたのですが、他の園とは比べ物にならないくらい、先生達の雰囲気が良くてびっくり!そのうえ実習生である私にも、同僚の先生方や子ども達と同じように接してくれたんです。その時、将来ここで子どもと楽しく過ごす自分の笑顔がはっきりと想像できました。
安部
私は、自宅から通いやすかったことが一番でしたね。通勤圏内にとても良い園があると知り、当時の春日第一幼稚園(現森の木幼稚園)へ2週間実習に行ったんです。園長先生はじめ先生達がたくさん話しかけて下さって、とても心強かった記憶があります。だいぶ昔の話ですが…(笑)
NEXT:実際に働いてみて、職場の雰囲気はどうだった?

実際に働いてみて、職場の雰囲気はどうだった?

生野
いい意味でサバサバしていてとても働きやすい!園長先生から新任の先生まで、年代も様々ですが本当に風通しがいいなあと感じました。良いところは良い、ダメなところはダメときちんと言ってくださいますし、気持ちの切換も早い。厳しく叱ってくれた先輩が、その数分後に「生野先生!」って笑顔で普通に話しかけて下さる(笑)。これはすごく良いところだなって思います。
 
一同:すごくわかる!
伊藤
あと、私は仕事に熱が入るとつい夢中でワー!っと盛り上がってしまうのですが、ふと周りを見渡したら、自分だけでなく先輩後輩みんなが同じように熱くなっている(笑) 園での活動一つひとつを、みんな全力で楽しんでいますね。
安部
先生同士の距離が近いので、日々いろんな話で盛り上がっています。子育て中の先生も多いので、よく育児の話にもなりますね。これから結婚・出産を迎える若い先生方にとっては、先輩ママさんがたくさんいるのはけっこう心強いんじゃないでしょうか。
今永
子どもたちのためを思って、頑張る時は頑張る、楽しむ時には楽しむ。メリハリがあってすごく働きやすいですね。教師一人ひとりが、子どものことを真剣に考えている園だと思います。
NEXT:白水学園を選んでよかったと思う瞬間は?

白水学園を選んでよかったと思う瞬間は?

伊藤
これはみんな共通しているんじゃないかと思うんですが……。
今永
なんですか?
伊藤
達成感!
一同:おーーー!確かに!!
伊藤
特に運動会や発表会などの行事では、日々の練習の中で大変なことがたくさんある。
今永
正直に言うと・・・辛くて逃げ出したくなるような瞬間も(笑)
伊藤
でも、「上手くいかない・・・」と悩んでいる時、気がつくと先輩や園長先生がそばにいて下さるんですよね(笑) 私達のことをさりげなく、でもしっかりと見て下さっていて、的確なアドバイスを頂いた時には、泣きそうになります。だから、苦しい時も、「私はひとりじゃない。みんなで子どもたちを成長させているんだ」と感じられるんです。そうした経験を通じて、子どもはもちろん、自分も大きく成長することができる。だから、一つの行事を終えると、圧倒的な達成感と感動があります。
今永
すごくわかる!それは白水学園あるあるですよね♪表面的な部分だけではなく、「え、こんなところまで?!」というくらい丁寧に見て下さっているのは本当に心強い。うちの園ならではかなと思います。
安部
長く働いている私でも、子ども達の合奏が初めて揃った瞬間などは、今でも感動します。上司や同僚の先生と「やったね!」って顔を見合わせる瞬間がすごく好きです。白水学園には、そんな、日々“ガッツポーズをしたくなるような瞬間”が溢れているんです。
NEXT:入る前に不安だったことは?

入る前に不安だったことは?

安部
「製作できるかな……。絵が描けるかな……」と。美術が得意な方ではなかったので(苦笑)
一同:えー!安部先生が?!
伊藤
私は一人で担任を持てるだろうかって。やったことがないので、それだけの責任を背負えるかとても不安でした。
生野
私は、実習で逆立ちやかけっこをしている様子を見て、「私にこのレベルが指導できるの?」と不安ばかりでした。
今永
実際に保育をスタートしてからは、どうでしたか?
安部
苦手なことが、ドンドン経験を重ねられるので、自然とできるようになっていきましたね。あとは当時、製作の得意な先輩がいて、「なるほど!」と納得できるコツをたくさん教えてもらいました。
伊藤
そうなんですよね。入ってみて実際にやってみると、周りの先生がしっかり見ていてサポートしてくれるんです。失敗した時には、的確なアドバイスをくれる。少しでも成長が見えた時は、『今のいいね!』と認めて褒めてくれる。そうした応援の言葉が、少しずつ自信をつけさせてくれました。
生野
実際に、かけっこや逆立ちの教え方も、事前に教えて頂いたり、一緒に保育に入って頂いたりして学ぶことができました。
今永
私はみなさんとは逆で、「入ったら何でもできるようになるでしょ♪」という位に楽観的に考えていました(笑)。ところがどっこい、実際にはできないことだらけ(涙)。先輩方が1年かけて教えてくださって、2年目からようやく少しずつできるようになっていったんです。不安は誰にでもあると思います。でもそれは「できるようになりたい!」という前向きな想いを持っている証拠。その想いさえあれば、誰でも成長できるはず。白水学園には、先生として、人として成長できる環境が整っているので、皆さんには安心して飛び込んで来てほしいですね。
NEXT:いちばん辛かったのは?

いちばん辛かったのは?

伊藤
私は運動会のマーチングです。リハーサルはどんどん近づいてくるのに、自分のパートも全体もうまく仕上がっていなくて……。他のパートの指導を優先すると、自分のパートがガタガタになってしまう。どうすればいいのか、と悩みました。そんな時、園長先生が気付いてくださって、アドバイスを下さったり励まして下さったりしたんです。
今永
さすが園長先生。救われますよね。
伊藤
一人で抱え込まなくていいんだ、と元気が出ました。運動会や発表会はとてもいい経験になります!
安部
私は実習の頃が辛かったなあ。まだ学生なので、社会生活になれていない部分もあり、できない自分、どうしたらいいのか分からない毎日に不安になることもたくさんありました。
今永
どうやってそれは乗り越えたんですか?
安部
実際に働き始めると、子ども達からたくさん元気をもらえたんです!何か失敗した時も、子ども達の笑顔を見ていると元気になれる。クラス担任を持ってからは自分のクラスに愛情をいっぱい注いで、愛情をいっぱいもらって、辛いことはそこで吹き飛んじゃいました(笑)。
伊藤
2年目になると、色々なことが分かってきて。できることも増えましたが、実力がまだまだ伴っていないことも強く実感するんです。その時は辛かったですね。後輩もいる手前、わからないことを聞きづらくなったり(笑)。でも、続けることで見えてくるものがあります。あとは、子ども達と一緒に園庭を駆け回って、元気を回復していました(笑)。
今永
切り替えも大事ですよね。指導を受けたことも「次に活かすぞ!」って切り替えていけるようになりました。
安部
おおー!
NEXT:白水学園に入って、女性として素敵になったと思える部分は?

白水学園に入って、女性として素敵なったなと思える部分は?

生野
相手を想う気持ち。学生時代は自己中心的な考え方だったのが、相手のためにどうしてあげればいいのかと自然と考えられるようになりました。相手の気持ちを考えて、自然に動けるようになってきたと思います!
安部
仕事を通して、何事も自分一人でできることはない、ということを教えていただきました。
今永
素敵な大人に、少しは近づけたかなと思います。「言い訳は恥ずかしいことだ」と思えるようになったり、色々なことを前向きに考えられるようになったり。外部の研修に参加する機会も多いですし、幼稚園の先生としてだけでなく、人として大人として、大切なことを教えていただいているなと感じます。
生野
仕事以外の部分でも沢山成長できる機会がありますよ。研修やイベントなど、園以外で先生達と過ごす時も、服装やお化粧、言葉遣いや所作にも気をつかって、女子力がアップできていると思います♪
NEXT:白水学園での働き方について

白水学園での働き方について

今永
安部先生は、育児と仕事のバランスについてはどうですか?
安部
「将来、自分が結婚や出産を経験したら、どんな働き方ができるんだろう?」って、疑問に思っている人もいると思います。白水学園には、お母さん先生もいっぱいいるので、きっと将来の自分の姿もイメージしやすいのではないでしょうか。私は結婚してからも、朝会から参加したり、時期を見て出勤を遅めにしていただいたりしてきました。様々な働き方を考えて下さっているので、とても働きやすかったですね。出産後には、白水学園の託児を利用させて頂いたので、保育園探しをする必要もなく、すごく助かりました。毎朝子どもと一緒に出勤して、帰りも一緒に帰ることができる。いつも子どものそばにいられるという安心感もありました。何より、白水学園の素敵な先生方に我が子を育ててもらえるというのが、とても幸せだなと感じていましたね。

学生へのメッセージ

伊藤
一度でいいから園を見に来てもらいたいです。私達3人とも共通して、実習に来た時に「すごくいいな!」って思ったので。Webサイトでもある程度魅力は伝わるとは思うのですが、実際に肌で感じてもらうと「いいな♪」と思ってもらえる自信があります。
生野
白水学園は敷居が高いと思われがちなんですが、まずは自分の目で確かめてほしいです。「厳しそうだと聞いていたけど、行ってみたら全然違いました」という声が毎年多いので... 一歩踏み出したら、本当に成長できる環境がありますよ。
今永
webサイトで見た先生達の自然な笑顔、DVDで感動した子どもの姿。実際に見ると想像以上でした。実習中も先生方からたくさん声を掛けてもらいました。その姿に憧れて、実習で「ここだ!」と決めました。...やっぱり一度見てもらいたいです!
くすの木幼稚園 安部
学生時代はずっと保育園志望でした。でも、白水学園に実習に行った時、「この園何か違う!ここで働きたい」そう感じて直感で決めました。今もその直感は間違っていなかったと確信しています。
白水学園には情熱と感動が溢れています。ぜひ、一度見に来て下さいね。お待ちしています。
  • 白水学園Facebookページ
  • 白水学園LINE@